池袋のピンサロ・ピンクサロンをご紹介!

8月1日更新
178店舗掲載

店舗一覧

ハニーパラダイス

30分6,000円~

10:00~LAST

ピンサロ

店舗からのメッセージ

池袋駅西口徒歩5分の好立地に池袋最多在籍約90名の優良店が満を持してリニューアルオープン!!広くてキレイな店内で清純派・ロリ系・ギャル系・お姉様色とりどりの女の子とお楽しみいただけます。

ブルームーン

20分3,500円~

10:00〜20:00

ピンサロ

PM池袋店

30分4,000円~

17:00~21:00(日祝16:00~21:00)

ピンサロ

AIKO

30分6,000円~

OPEN~24:00

ピンサロ

すたぁ~らいふ

15分3,500円~

10:00~20:00

ピンサロ

CHOCOLATE CLUB(ちょこらぶ)

30分6,000円~

10:00〜LAST

ピンサロ

CLUB PUNCH(クラブパンチ)

30分6,000円~

9:00~LAST

ピンサロ

ホテピン

40分8,000円~

10:00~24:00

ホテヘル、ピンサロ

池袋のピンサロ・ピンクサロン事情

池袋は5店程度とピンサロ店の数は多くありません。カウンター越しに女の子とお酒を飲めるガールズバーは60店前後、ホテルにキャストを派遣してもらってヘルスプレイを楽しむホテヘルは110店前後と多いです。このように20代前後の若い女の子が活躍できるガールズバーやホテヘルが盛んであることも、池袋のピンサロ店が少ない要因のひとつです。そんな池袋のピンサロですが、60分前後のロングコースを用意するところが多い傾向にあります。ピンサロ店は2回転・3回転といったコースのあるところが多く、30~60分くらいの時間の中で複数の女の子からサービスを受けることが可能です。ただ30分コースで3回転を選んだ場合、1人の女の子につき10分程度と遊ぶ時間が限られます。挨拶をしてからすぐにフェラが始まり、あと少しで発射しそうなところで時間切れ。このように「トホホ」と思えるパターンも多いです。池袋のピンサロは〇回転コースを用意するところは少なく、1人の女の子からしっかりサービスを受けることができます。60分などの長時間コースであれば、発射・トーク・イチャイチャ・発射というように充実した時間を過ごせます。ピンサロで1人の女の子とじっくり遊びたい方向けのお店が池袋には多いです。

池袋ピンサロ・ピンクサロンがお勧めな理由

池袋ピンサロ・ピンクサロンがお勧めな理由を以下でご紹介します。

【理由①】初心な反応を見せる10~20代前半の美少女が多数在籍

10代や20代前半と若くて、容姿レベルの高い女の子が多く在籍していることが池袋にあるピンサロの魅力です。近隣に高校・専門学校・大学などの学校、オシャレなカフェやバー・かわいい洋服を取り扱うアパレルショップが多いこの街は、連日若い女性で賑わいます。JR・私鉄・地下鉄など複数の路線が乗り入れしているので、学校や仕事の帰りや休日を使って、池袋で遊ぶ人も多いです。また池袋は水商売・風俗など、女性にとって短時間で高収入を獲得できる職場が多く、ピンサロのように比較的ライトなサービス内容の業種のお店は人気があります。そのため10代や20代前半と若くて肌がピチピチなだけでなく、クリッとした瞳が目立つアイドル系、スレンダー体型のモデル系など容姿レベルの高い女の子が揃います。手コキやフェラが中心でサービス内容はライトですが、街ですれ違ったら思わず振り返ってしまうような女の子にご奉仕してもらえるので満足度は高いです。在籍するキャストの中には風俗業界未経験、男性経験がほとんどないという人も多いです。男性の裸やペニスを見て顔を赤らめるといったリアクションを見せるキャストも多いので、若くてかわいい女の子の初心な反応を楽しみたいという方にも、池袋のピンサロはオススメできます。

【理由②】午前9~10時など早い時間から営業する店が多い

池袋では午前9~10時など比較的早い時間から営業するピンサロ店が多いです。都内を代表する歓楽街のひとつである池袋には、風俗・水商売関連のお店だけでなく、バー・居酒屋などお酒を提供する業種の店舗も目立ちます。ラーメン屋・カフェなど様々なタイプの飲食店が存在しており、居酒屋やバーの前後に利用できるよう、早朝から深夜までなど長時間営業するところも多いです。そんな池袋にあるピンサロは一般的な会社の始業時間(朝9~10時頃)くらいの時間から営業するところが多いので、朝食の後・休日に街歩きをする前といったシチュエーションで利用することができます。「昼間からお酒を飲む」と似たような形で、「朝からピンサロ」という休日ならではの幸せを堪能することが可能です。ピンサロは歓楽街のある西口・北口エリアに集中しており、駅から徒歩5分程度で行けるところがほとんどです。このエリアには朝早い時間から営業する飲食店もあるので、このようなお店でしっかりと腹ごしらえをして、コンディションを整えてからピンサロ店に突撃することができます。お店が駅近にあり、移動にかかる時間は最小限に抑えられるので、夏場など外を歩くだけで体力が削られるときでも、体力ゲージが満タンに近い状況で女の子と遊べます。

【理由③】BGMの音量が抑えめなどプレイに集中できる環境が整う

BGMが小さい・プレイスペースが広い・半個室空間が用意されるなど、女の子とのプレイに集中できる環境が用意されていることが池袋にあるピンサロの魅力です。ピンサロ店において、ユーロビートのBGMがうるさくて女の子の声が聞こえにくい、個室スペースが狭く無理な体勢になったので足をつったという体験をしたことがある方もいると思います。プレイスペースは敷居で遮られていても、他の部屋でプレイする男女・移動するスタッフの姿が見えるので気が散るという経験をしたことのある方もいるでしょう。池袋のピンサロはこのようなことが無いように、プレイルームから外が見えないように仕切られている・BGMを小さくするところが多いです。プレイスペースも広々としているので、ぽっちゃり体型・長身の男性でも、脚を伸ばすなどリラックスした状態でフェラなどのサービスを堪能できます。受付は1階・プレイスペースは2階と別れている、15席などプレイスペースが多いところもあります。それでも周りが気になるという方は、受付で料金を支払い、近隣のホテルで女の子とプレイをするお店を利用するのも良いでしょう。このように周りを気にせず女の子との時間を楽しめることが、池袋にあるピンサロの特徴となります。

池袋ピンサロ・ピンクサロンの遊び方

池袋のピンサロをお得に利用したい方は、午前中など早い時間帯を選択すると良いでしょう。早朝5時頃に動く始発電車がある、居酒屋・ネットカフェなど24時間営業するところが多いなど、池袋は早い時間帯から人の動きがある街です。そんな池袋では午前9~10時から営業するピンサロ、早朝6時から利用できるソープなど、池袋には早い時間帯から営業する風俗店が目立ちます。どの時間帯でも同じ料金で利用できる風俗店も多いですが、利用する時間によって料金を細分化しているところもあります。ピンサロは特にその傾向が強く、開店時間~午前中、お昼頃~夕方、閉店までの夜の時間帯など、時間帯によって細かく料金を分けているお店が多いです。21時以降は8,000円・午前中なら6,000円と、時間帯によって2,000円程度料金に差が出るピンサロ店もあります。少しでもピンサロ店での出費を抑えたい方は、休日の午前中などリーズナブルな料金で遊べる時間帯を選択することが大切です。また約650店もの風俗店が存在する池袋のピンサロ店の中には、少しでも多くの人に利用してもらえるよう、お得な割引イベントを用意するところが多いです。特定の期間は普段よりも2,000円程度お得に利用できるといったものも多いので、HPやポータルサイトを定期的に確認することも重要となります。