人気のおすすめ池袋風俗を探す イケヌキ

6月16日更新
147店舗掲載

池袋の裏風俗!基礎知識や現状について説明!

池袋の裏風俗!基礎知識や現状について説明!

夜の公園などには立ちんぼがおり、中国人エステの看板も目立つ池袋は、裏風俗があってもおかしくないようなディープな雰囲気を醸し出しています。

裏風俗は「摘発」されたときなどはニュースに登場するため、利用してはいけないお店だと考える方も多いと思います。

それとともに一度は裏風俗と呼ばれるお店を利用したいという方もいるでしょう。

また「裏風俗」という単語を目にすることがあるものの、どんな業種のお店があるのか?料金はいくらくらい?といったことについては知らないという人も多いです。

今回は裏風俗の基礎知識や業種、利用するメリットやデメリットなどについて説明しています。

池袋でディープな時間を過ごしたい人や、風俗に関する見聞を広げたいという方は参考にしてくださいね♪

知っておきたい!裏風俗の基礎知識

違法営業している風俗店

一般的な風俗店は営業許可の届け出を出したうえで営業していますが、裏風俗店は基本的に届け出を出すといった手続きを行うことなく営業しています。

反社会組織が関与するなど、悪質な店舗が多いことも裏風俗の特徴です。

一般的な風俗店に比べてトラブルに巻き込まれる危険性が高いため、裏風俗を利用するときはある程度の覚悟が必要です。

HPを持っていない

裏風俗店は違法営業している風俗店のため、公安や自治体に存在を知られることがないよう、HPを持っていないお店がほとんどです。

HPだけでなくポータルサイトにも情報を掲載していないので、一般的な風俗店に比べて裏風俗店を見つけるのは難しいです。

店舗のあるビルの入り口に看板がないお店も多いので、怪しい雰囲気の雑居ビルの中を探し回るといった、手間と少しの勇気が必要になるときもあります。

ネットや看板で宣伝ができない分、お店の近くでスタッフが呼び込みをしていることが多いです。

本番プレイができるお店が多い

本番プレイ(ゴムを着けて行うことがほとんど)のできる店舗が多いことが裏風俗店の特徴です。

売春防止法に基づいた営業許可を受けている風俗店では基本的に本番行為は禁止されています(ソープランドは女性店員と男性客との自由恋愛という建前があるため違法にはなっていません)。

それに対して違法営業する裏風俗では基本的に本番プレイは禁止されていません。

頭に入れておきたい!裏風俗の業種

連れ出しスナック

スナックの店内にいる女性を連れ出し、本番プレイなどを行えるお店のことを「連れ出しスナック」と呼びます。

店内に入るとスナックのママから「遊んでいく?」などと聞かれ、「はい」と答えると、近くにいる女の子の中から遊び相手を選択し、女性を連れて外に出るというシステムです。

詳細はお店によって異なりますが、ママに1,000~3,000円程度お金を支払って軽くお酒を飲み、連れ出した後に女性に対して10,000~20,000円前後の料金を支払うことが多いです。

プレイする場所は基本的に以下の場所になります。

・近隣にあるラブホテル
・連れ出しスナック用のプレイルーム
・宿泊しているホテル(風俗に対するガードが緩いホテルの場合)

連れ出しスナックで用意される個室は、汚くて狭い部屋であることが多いです。

ちょんの間

本番プレイをするだけのお店のことで、「一発屋」と呼ばれることもあります。

プレイ時間は15~30分と短く、料金は10,000~15,000円前後です。

詳細は地域や店舗によって異なりますが、大阪にある飛田新地のように、店の前で女の子の姿を確認できるお店が多いので、パネマジで失敗するリスクは低いです。

本サロ

本サロとは本番ができるサロンのことです。

ピンサロ店のように

・薄暗い
・BGMでユーロビートが流れる
・半個室の狭い空間

といった特徴のある店内でキャストと本番プレイを行います。

歓楽街の中にはピンサロ店に紛れて営業するお店も存在し

・30分10,000円以上などピンサロ店にしては料金が高め
・30分10,000円以上のコースがある

といった条件に当てはまる店舗は、本サロである可能性があります。

今はこんな状況!池袋の裏風俗事情

裏風俗店はほとんど存在しない

約650店の風俗店が点在する歓楽街「池袋」ですが、ちょんの間や本サロのような裏風俗はほとんど存在していません。

立ちんぼをする女性が存在し、出会い喫茶がある池袋は、素人の女の子と本番プレイなど濃密な時間を過ごせる街です。

ただ連れ出しスナックのように、違法営業している裏風俗店はほとんどないので、怪しげな外観の謎のお店に入るという裏風俗ならではのドキドキ感を味わうことは難しいです。

新しく登場する可能性はある

110店前後のホテヘル店が存在する池袋は、風俗店の受付として利用できる雑居ビルのスペースが多数存在しています。

70店前後存在する性感エステ店の中には、趣のあるビルの一室をプレイルームとして利用するお店が多いです。

このような環境の池袋は秘密裏に風俗店を営業するのに適しているため、今後雑居ビルの一室などを使った裏風俗店が登場する可能性があります。

良い面も悪い面も存在!裏風俗のメリット/デメリット

【メリット①】容姿レベルの高い美女を抱ける

裏風俗店の中にはちょんの間や本サロのように、短時間で本番プレイだけを行うという業種のお店があります。

風俗店で働く女性としては

・フェラや手コキなどのサービスをしないで良い
・ソープのようにマットプレイや接客対応を覚える必要がない

といった要素があるため、一般的な風俗店よりも楽して稼げると考えている人も多いです。

そのため目鼻立ちがはっきりとした美顔、メリハリのあるグラドル体型といった特徴のある美女と遊べる可能性があります。

【メリット②】激安料金で遊べる

本番プレイができるのにも関わらず、10,000~20,000円前後という料金で利用できることも裏風俗の魅力です。

15~30分と短時間で遊べるお店も多いので、短時間でサクッと遊びたい方にもオススメできます。

1回のプレイでかかる時間が少なく、料金もリーズナブルなので、複数回プレイしたいときにも良いでしょう。

【デメリット①】18歳未満も在籍

自治体などに届け出を出さず、違法営業をしているお店が多い裏風俗では、相手が18歳未満というリスクがあります。

金銭を支払い18歳未満の女の子と本番プレイをしたということで、売春を行ったとみなされることも・・・。 

このようなリスクを回避するには、裏風俗店においてロリ・ギャル・アイドル系など、明らかに年齢が若く見えるキャストがいた場合は指名せずに避けることが大切です。

【デメリット②】性病リスクが高い

ちょんの間や本サロに在籍するキャストは、短時間で複数人の男性と本番プレイを行います。

シャワーやお風呂に入って秘所などをキレイにする時間を取れないことが多く、一般的な風俗店に比べて衛生管理が緩いです。

基本的にゴム着で本番プレイを行いますが

・追加料金を支払ったとき
・定期的に利用する常連客

などはNSでプレイを行うキャストもいます。

裏風俗店で本番プレイを行うときは、このような側面も頭に入れておく必要があります。

要チェック!!池袋で裏風俗のようなディープな体験ができる風俗店

痴漢やセクハラのようなイメージプレイができるお店

池袋にはJKの制服を着た女の子と遊べる学園系や、メイド服姿のキャストに「ご主人様」と呼ばれながらイチャイチャできる店舗など、イメージプレイを堪能できる風俗店が目立ちます。

その中には

・室内に設置されたつり革を掴んだ女性のお尻を触れる
・スーツ姿のキャストにセクハラができる

といった、AVやアダルトゲームの登場人物になったような体験ができるお店も多いです。

このように現実世界で行うことができないような、ディープなプレイを楽しめることも池袋にある風俗店の魅力です。

100種類前後のオプションを使って遊べるヘルス系風俗店

都内を代表する歓楽街である池袋には、知名度の高い大手風俗グループの系列店が多数存在します。

この中には2,000円の指名料を支払うことで、100種類前後のオプションが使い放題というお店も。

撮影・イラマチオなど様々なオプションを選択することができ、AFのような濃厚プレイも行えるので、本番プレイができる裏風俗に行ったのと遜色がない充実した時間を過ごすことが可能です。

すぐにキャストを抱ける即尺専門店

即尺専門店やオプションとして即プレイを用意する風俗店が多い池袋では、キャストと対面してすぐにプレイを始めることが可能です。

15~30分など短時間でプレイを行う裏風俗のように、出会ってすぐにキャストを抱くという興奮を味わうことができます。

池袋では即尺専門店などポータルサイトに情報を掲載する風俗店が多数存在していますので、裏風俗のようにディープな体験ができるお店を探すときに活用すると良いでしょう。